しんぶん赤旗囲碁・将棋大会とは

 しんぶん赤旗囲碁・将棋大会は1963年に開始された、伝統のある囲碁・将棋大会です。
 優勝者には「赤旗名人」の称号が与えられます。また、将棋大会の優勝者はプロ棋戦である新人王戦に出場することができます。囲碁大会の優勝者はプロ新人王との記念対局を行うことができます。
 しんぶん赤旗囲碁・将棋大会(赤旗名人戦)公式サイト

 地区大会は、初心者から強豪までどなたでも参加できます。千葉市・市原市大会では、囲碁・将棋ともども、「名人戦」「準名人戦」「新人戦」の三クラスに分けて行います。
 名人戦は四段以上、準名人戦は二段以上、新人戦は初段以下となります。
 なお、この棋力は、一般的な碁会所・将棋道場におけるものです。インターネットの対戦サイトでの段級位と異なる場合があります。詳細は主催者にご確認下さい(参考・インターネット将棋道場「将棋倶楽部24」における、段級位比較表

 名人戦並びに準名人戦で千葉市・市原市大会で上位5名に入ると、10月22日(日)に行われる県大会に出場できます。
 名人戦の県大会優勝者は、11月11・12日に東京都豊島区で行われる全国大会に出場することができます。